アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」

これまでに実施した「MOMASのとびら」の様子を紹介しています。

 
MOMASのとびら これまでの報告
12345
2020/01/11

親子クルーズ企画展物語「みないで…?みて…!手で感じるカタチ!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 2020年最初のMOMASのとびらは親子クルーズ企画展物語です!企画展「ニューヨーク・アートシーン」の中から、ヴィレム・デ・クーニングの平面作品《水》と立体作品《頭NO.3》を鑑賞しました。《水》をみて、「青いところは川みたい。」「白は窓かも!」、《頭NO.3》では、「鼻がすごくななめを向いているよ!」「嬉しくて笑ってぐしゃっとしているのかも!」など声が上がりました。どちらも不思議な感じの作品ですが、《水》は、筆で勢いよく描いた作品で、《頭NO.3》は、目をつむって作った作品なのです!作者は自分の感覚をとても大切にしていました。鑑賞後は、目隠しをして粘土で動物を作ります!親子交代で目隠しをして「尻尾はあっち!」「あっち、じゃわからないよ~」とアドバイスをし合いました。最後は動物が生き生きする土台やすみかを作って完成!「見ないで作るのはドキドキした!」「優しい顔になった!」これからもみんなの感覚を大切にしてね♪


作品をじっとみます

◆「ぐにゃっとしてるなあ」「目がたまごくらい大きいよ!」


感覚を研ぎ澄まして作品作りです

◆まずはおうちの人が挑戦です!

 


お家の人のアドバイスをよく聞きます

◆今度はみんなの番!アドバイスをよーく聞いて、よーく触って!

 

作った動物にあう場所作りです

◆動物のすみかを作るよ。

 


住処の完成です

◆「寝床を作ってハリネズミを寝かせてあげたよ。」

 


同じ動物でも動きは様々です

◆蛇だー!「草原に隠れています。」「こっちは木に巻き付いている!」



(参加者の声)

・めを かくしてつくると どんなふうにできるか わからなかったけど、たのしかったです。(小1)

・自分が作るのは面白いけど、目を隠している子にアドバイスをするのが難しい~!(保護者)


18:10
2019/12/21

「アート★ビンゴ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 2019年最後のMOMASのとびらは「アート★ビンゴ」!作品や美術館に関するクイズに挑戦します。今回は、地下1階にある舟越保武《ダミアン神父像》がどんなことを思っているかを考えたり、開催中の企画展「ニューヨーク・アートシーン」入口前の看板、アーシル・ゴーキーの作品を見て、作品の中に生き物が隠れているとしたら、どんな生き物がいるのかをイメージしたりして楽しみました。「グッドデザインの椅子《チューリップチェア》に自分だけの名前をつけるなら?」というクイズでは、色や形から考えたり、空想で椅子の大きさを変えたりして「ワインカップ」「あかっぴー」「口椅子」といった、おもしろい名前がたくさん出てきました。アート★ビンゴは、次回215日が今年度ラストです!ぜひ気軽に来てみてくださいね♪

 

椅子の好きなところを考えます

◆「大きくてかたそうな椅子!」「座ってみたら楽しい!」

 

親子で一緒に考えています

◆「こんなところにあった!」「お城の形に見えるよ!」

じっと見つめ考えます 

◆「お菓子がでてきそう!」「いや、ビームが出てくるよ!」

一緒に気持ちを考えます 

◆「さみしそうなお顔をしてる…」「何か心配なのかな?」

 


作品の色んなところを見つめます

◆近づいたり遠くから見たり…どんな生き物がみえたかな?

 


みんなでお話します

◆最後はスタッフと答え合わせ!答えは参加者の数だけあるよ♪


11:55
2019/12/14

みる+つくるMOMASコレクション「じわじわ楽しく描こう!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今回は、埼玉大学の学生さんが考えたプログラムです!丸山直文《garden3》を鑑賞しました。画面に広がる緑色の部分がいろいろなものに見えてきます。「サボテン!」「ドラゴン!」イメージがどんどん広がります。そして、作者がどんな風に描いたかも考え、絵の具を手でのばした、歯ブラシでこすった、などの描き方を思いつきました。創作室では、どうしたら作者の描き方っぽくなるか、絵の具や水性ペンを使い、大きな和紙と布の上で実験です!筆だけではなく、『魔法のアイテム』スプレーと刷毛も使いました。「スプレーの方が色がのびる~」「刷毛だと色がまざりやすい!」実験の後は、自分の好きな道具と材料で自分だけの作品を作ります!「夕焼けになったよ。」「犬みたいな形ができたよ。」使うものは同じでも、色もイメージもオリジナルの自分だけの作品ができました♪

緑の部分が何に見えてくるか考えます
◆「この部分が森みたい!」

 

どの道具や材料を使うか考え中

◆どんな風に描けるか…ワクワク!

描き方の実験中です 

◆大きな和紙と布の上でたくさん試します。

いろんな色を和紙に乗せます 

◆「お水をたくさん使って、丸をたくさん描くよ!」

 

作品を並べtて他の人の作品も見ていきます

◆出来上がった作品がずらり!

自分の作品の工夫をみんなに伝えます 

◆「真ん中の赤がはじける感じになったよ。」

(参加者の声)

・色をまぜてぼやけさせたり、スプレーをかけることが楽しかった。(小2)

・好きなエメラルドグリーン色も自分で作れて楽しかった。(小1)


14:17
2019/12/07

みる+つくる 企画展物語「☆変形キャンバス☆-自分だけのイメージで-」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 

 今回は、アメリカの美術家として活躍してきたフランク・ステラ《グレー・スクランブル Ⅶ ダブル》を鑑賞しました。繰り返される直線でできた作品は、トンネル、眼鏡、箱など、いろいろなものに見えました。作品をずっと見ていると、「不思議な気持ちになるなあ。」「ゴールのない迷路みたい…」と、ちょっと不安な感じもしたり、「何か秘密がありそう!」とワクワクしたりしてきました。この作者は描いた形に合わせてキャンバスの形を変えた作品も作っています!そこで、みんなも四角いボードにマスキングテープで直線の模様を作って、模様に合わせてボードを切り取りました。「緑と黄色の組み合わせがきれい!」「三角に切り取ろうかな。」最後は作った作品を合体!「組み合わせてドラゴンを作ったよ!」「水が流れる感じにしたよ♪」自分だけの模様と形が完成しました♪


作品をみて気づいたことがたくさんあります

◆「ぐるぐるする!」「さつまいもみたいな色がある!」

 

まっすぐに慎重に貼ります

◆「オレンジ色でかわいくしたいな♪」

 

貼り方も工夫していきます

◆「重ねて重ねて…色もきれいになった!」

 

作品の組み合わせ方を考えます

◆模様も画面もどんどんつながっていきます。

みんなで作品を鑑賞中です 

◆友達の作品もみてみよう。

 

いろんな形がくっつきました

◆どんな形になったかな?「大きなお家にしたよ!」


(参加者の声)

・いろいろな形につくれてよかったです。(小3)

・直線でマスキングテープをはって、ちがう世界観を感じられました。(小5)


14:09
2019/11/23

みる+つくる「大きくして‟みる”世界は粒でできている!?」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 今日は、秋岡美帆《ゆれるかげ》を鑑賞しました。みんなで作品をみると、「空と森!」「夕方の水たまり!」と自然のイメージが広がるだけでなく、「優しい気持ちになるなあ」「いや、ゾワゾワするよ!」と対照的な感じ方もでてきました。実はこの作品、作者が自分の体をゆらしながらゆっくりシャッターを押し、それを和紙に拡大印刷したものです。作品を近くでみると、印刷したインクの粒がみえてきます。創作室に行って、ちらしのインクの粒を特別な虫眼鏡でみてみました。「点がお花だ!」「黒なのに黄色が見える!」普段のみえ方との違いに驚きの声が上がります。色は、細かい色の粒でできていることを見つけました!その後、色の粒を使った作品づくりに挑戦!霧吹きに入った4色の色水で試した後、自分だけの作品を作ります。「虹みたいになったよ~」「雨が止んだ後の空にしたんだ!」粒が混ざり合って、いろんな世界が出来ました♪


この絵の中でやりたいことを考えます

◆「この中でかくれんぼがしたい!」「散歩がしたいかな~」


遠くからと近くからでは見え方が違います 

◆「インクの粒がみえる!」


身近なものにも発見があります 

◆特別な虫眼鏡を使うと…「つぶつぶいっぱい!」

 


みんなで色の重なりを体験します

4色の色水でやってみよう!

 

重ねる順番でイメージが変わります

◆「4色なのにいろんな色がみえてきたよ!」


みんなで他の人の作品を鑑賞します

◆「色が重なって、夢の世界ができたよ!」

(参加者の声)

・色が混ざって、わくわくする楽しい世界を作りました。(小4)

4色だけでいろんな色ができるんだ!というのがわかりました。(小2)


18:13
2019/11/14

「洗濯ばさみで絵を描こう! 風を描こう! リキシャカメラ登場!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 県民の日、天気に恵まれた「もますまつり」では、だれでも参加できる3つのフリープログラムを行いました。「洗濯ばさみで絵を描こう!」では、参加者の数だけ作品ができ、床一面、洗濯ばさみの絵になりました。「リキシャカメラ登場!」では、佐藤時啓《走る単眼―バングラディッシュのリキシャカメラ(行動のための器)》に乗ってカーテンを閉めると、中は真っ暗になります。すると、膝の上に置いた白いボードには外の様子が映し出されます!「上と下が逆さになってる!」「お母さんがいるよ!」「空がきれい!」不思議なカメラの世界を楽しみました。「風を描こう!」では、肌で感じる風のイメージなどをどんどん描いていきます。「春、夏、秋、冬、全部の風を混ぜたよ!」「強い風ピューーー!」透明なアクリルボードがカラフルな風でいっぱいになりました。来年もまた来てね♪

 洗濯ばさみを積み上げていきます

◆「もうすぐカラフルタワーが出来上がるよ!」

 

近くで見るのと印象が変わります

◆上からみるとこんな感じ!どんどん色鮮やかに!

 親子でリキシャ初体験です

◆「何が起きるのかな?どきどきするな~」

 外の世界と違う雰囲気を味わえます

◆外の世界が見えたかな?

 

体を使って描きます

◆「高いところまでふく強い風だ!」

細かい点から勢いが伝わります 

◆「雨をたくさんふらせたんだよ!」


18:01
2019/11/09

親子クルーズ[窓の向こうに見える世界-重なる時間-」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 「毎日の生活の中では気にしないけれど、よく見るときれいだな」と感じるものに出会ってほしい…そういう思いが込められた作品、林範親《9:36A.M.(ブラインド)》を親子で鑑賞しました。この作品は、窓枠や紐全てが木でできています。「窓の向こう側の世界はどうなっていると思う?」と聞くと、「ビルがたくさん!」「緑の山があるかも。」「田舎の景色を思い出すなあ」想像が膨らんできました。作品を見た後は、木枠と透明のシートを使って、自分たちも窓の向こう側の世界を作ります!今回は、親子で何時の作品を作るか話し合ってからスタート。作品は親子で重ねてもOKです。「夕方の5時と夜の8時を重ねたら、リラックスしているようにみえたな。」「秋の夕方4時ころの色の重なりを表現したよ。」時間のイメージから、窓の向こう側の世界が広がっていきました♪


どんな光が入ってくるか考え中です

◆「光がさしこんできそう。」

真剣に話し合います 

◆何時の世界を作るか考え中!

制作開始です! 

◆「オレンジのひもは太陽の光だよ♪」


姉妹で作品を確認中! 

◆「重ねてみたよ~」「後ろの作品も見えていい感じ!」

 
出来上がった作品を見つめます

◆親子で重ねてくっつけて…最後はひもでかっこよく!


作品のこだわりをみんなに伝えます 

◆「朝6時と夜6時を重ねたよ」「朝6時は夢の中と現実世界で半分ずつなの!」

参加者の声)

・色のかさなりやかたちがきれいでした。窓にかざってきれいにみえるようにしました。(小5)

・だんだんと子供の発想に圧倒されるようになり、成長を感じます。(保護者)


18:05
2019/11/02

「わくわく鑑賞ツアー」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今日は、スタッフとお話ししながら作品をみていく「わくわく鑑賞ツアー」です。モーリス・ドニ《シャグマユリの聖母子》をみると、赤、青、緑、紫などたくさんの色が見つかりました。中でも赤色が特に印象的だという話から、「お花と服が同じ色だよ!子供を守る赤だ!」「暑そう!汗をかいて散歩してるんだよ!」と様々な物語ができました。丸山直文《garden3》に描かれている緑の部分をみて、「大きな木の影かな?」「ワニの口みたい!」「巨人の手かな」とイメージが広がりました。近代美術館には座れるグッドデザインの椅子がありますが、MOMASコレクション3期では、2つの椅子がみる作品として展示室にあります。「えらい人が座るのかな」「はしごみたい」と改めて椅子を見てすてきなところを探し、「どの椅子も大切な椅子」と優しく座ることに気づきました。わくわく鑑賞ツアーは1回30分のツアーです。次回もお楽しみに!

 

ドニの作品を鑑賞中

◆「空がみえるね!」「色がまざってるよ!」

 
大きな作品からいろいろ考えます

◆「追いかけっこしてる!」「かくれんぼしてるよ!」

角度を変えてみてみましょう

◆「あ!ここから見ると長ぐつにみえるよ!」

台に乗っている作品はどう見えるでしょう?

◆背もたれは何に見える?「階段!」「アップルパイ!」
18:12
2019/10/26

「アート★ビンゴ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 「アート★ビンゴ」では、作品や美術館に関するクイズに挑戦します。今回は、作品の気持ちになってせりふを考えたり、グッドデザインの椅子が何の形に見えるかを考えたりして楽しみました。「MOMASコレクション3期のポスターに出ている絵を見てタイトルをつけるなら?」というクイズでは、「優しそうだから、お母さん!」「空に見えるなあ」「黒白でパンダに見えてきた!」など、作品は一つでも参加者の皆さんイメージは様々でした。クイズになった絵は、秋岡美帆《ゆれるかげ》です。イメージが広がると、もっと作品が楽しめそうですね。他にも松本薫《cycle90°》から聞こえてきそうな音を想像したり、グッドデザインの椅子の形を身近なものに見立てたりして楽しみました。申し込み不要のプログラムは時間内なら何時からでも参加可能です。ぜひ来てくださいね!

 

椅子が何に見えるか考えています

◆「顔に見えてきた!目も描こう!」

 

3階の一番奥の廊下で発見です

◆「ガラスの中に人がいるよ~」

親子みんなで考えています

 

◆「椅子の背もたれ部分から何が出てくると思う?」「お水かなあ」「くらげかも!」

 
彫刻をよーく見て考えます

◆この人が座る椅子は大きい椅子かな?小さい椅子かな?

外に出て作品を見つめます

 

◆彫刻作品をみて「ポーポーって音がすると思う!」

 

答え合わせではいっぱいお話をします

◆どんなことを考えたのかな?最後はスタッフとお話し♪

 


18:15
2019/10/19

み~っけ!「MOMASで紙の上の運動会!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 今日は美術館の中を探検!どんなものがあるのでしょう?…階段を下りていくと、田中米吉《ドッキング(表面)No.86-1985》を発見!大きな四角形に直線がいっぱいです。「ずっと線が続いている!」「メロンパンの線みたい!」その後、1階エントランスの椅子やガラスをみると「さっきと違って曲がっているよ。」「ぞうさんの鼻みたい!」と声があがりました。他にもグッドデザインの椅子や吹き抜けの天井などをみて、形から生まれる線の面白さに気付きました。まっすぐ、ぐにゃぐにゃ、クルクル…見つけた形や線を、大きな画用紙にみんなで描きます!でも、クレヨンも絵の具も使いません。親子ですずらんテープやリボンを転がしてキャッチしていきます。「長~くできた♪」「速く転がしてみるよ!」画用紙の上はまるで運動会です!転がした跡がいろいろな形や線になり、鮮やかな作品になりました。

 
形や線を見つけているところ

◆「サイさんがでこぼこ道を歩いているよ!」

 
吹き抜けの天井でも発見しました

◆「上にも線がいっぱい、形もいっぱい!」

 
テープを転がして線で描きます

◆「えいっ!」コロコロ~ 

 テープが転がって絵が広がります。

 
テープを切って画面に貼っていきます

◆テープを切って、貼って…

 
最後はみんなで鑑賞会

◆「くねくねと まっすぐが いっぱい!」「迷路みたい!」

 
線の重なりからいろいろな形が見つかりました

◆「リボンが集まってお花みたい。」「ここはタコの足みたい!」

(参加者の声)

・みつけたぐにゃぐにゃみたいな えが できた。(5才)

・つくってたら おひさまが できた。(4才)

・美術館の吹き抜け部分の天井が高くて印象的でした。子供と元気にできて楽しめました。
14:54
12345