アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」

これまでに実施した「MOMASのとびら」の様子を紹介しています。

 

2018/06/09

み~っけ!「びしょびしょアート」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

今日の『み~っけ!』は、暑さを吹き飛ばすプログラムです!最初に、展示室で、丸山直文《puddle in the woods 6》とても爽やかな作品を見ました。「大きな絵に何が描いてあるのかな~?」「金魚、ヨット、帽子、恐竜の足と頭…」など、色々なモノが見つかりました!この絵は、森の中の水たまりをイメージして描いたり、水でつくる“にじみ”を活かしたりして制作をしています。今日のテーマは『水』。まずは、ビニール袋に入った水の中を覗いてみるとキラキラしてとってもキレイ★その感動を透明なシートに描きます「マジックですらすら描けて楽しい!」。続いて、白い紙に白いクレヨンで絵を描きます。「え?見えないよ~」2枚の絵が一体どうなるのでしょう…。最後の仕上げはベランダに移動。ここで何と白い絵にお水や色水をかけます!! 霧吹きや水鉄砲を使って全体を濡らすと2枚の絵が重なってとっても幻想的な作品になりました。「友達の絵も素敵だね♪」暑さも忘れ、うっとり見とれてしまいました★


展示室で 

◆じっくりみて親子でお話「みつけた!」


水 

◆お水の中の世界を体験


マジックで絵を描いているところ 

◆片手だけでは足りず…。豪快に!


絵を描いているところ 

◆荒波に水しぶきかな~?


水をかけているところ 

◆水鉄砲は大人気☆


色水をかけているところ 

◆まなざしはアーティスト!

描いた作品を見ているところ 

◆淡い色、カラフルな線、白い線のコラボレーション。

 

(参加者の声)

・ぜんぶたのしかった、もっとやりたかった。(4才男子)

・えをかくのがたのしかった。さいごにおみずをしゅっしゅするのがたのしかった。(5才女子)

・大きなシートや紙に思いっきり描くことができて楽しかったです。最後に色水をかけることで変化して

いく様子が興味深かったです。(保護者)

・この町に住んで45年…初めて地下と3階に入りました。こんな素敵な場所だと知りませんでした!!活動も子どもにちょうどよく、美術館という格式ばった場所への入門にぴったりでした。(保護者)
18:28