アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」

これまでに実施した「MOMASのとびら」の様子を紹介しています。

 

2018/05/26

工房『なりきりシャガール~思いを込めて花束を~』

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 今日の工房では、埼玉大学の学生と一緒にMOMASコレクションで展示中のマルク・シャガール《二つの花束》を鑑賞しました。じっと作品をみていると、いろいろなものが見つかります。その中でも特に花束に注目して、色や形から感じられることをみんなで話し合いました。実はこの花束は、シャガールが奥さんと娘さんを花にたとえて描いたものです。鑑賞後、参加者も大切な人を思い浮かべ、グループで「その人のどんなところが好き?」「その人の好きな色は…」など話しました。そして、シャガールのように、自分の大切な人を花束に表現しました。「やさしい感じはお花紙や綿で作ろう」「明るい感じはポンポンにしようかな」「毛糸でリボンをつけておしゃれにしよう」などイメージを形にしていきます。幸せそうな顔の花束が並び、大切な人にも見せてあげたい作品ができました。

《二つの花束》を鑑賞しています

◆「この花束をみてどんな気持ちになるかな?」
 「あたたかい感じがするなぁ。」

花束に表現しています

◆「色はどうしようかな。楽しそうな感じにしたいな。」
 「花瓶にさすと家族みんな一緒の感じがするね!」

大切な人をイメージした色や形
◆家族をイメージして作った花束。
 みんな表情がすてきですね。


すてきな作品ができました
◆材料の色や組み合わせ方もよく考えて作りました。

鑑賞会で思いを伝えています

◆最後は、鑑賞会です。
 相手への思いのこもった作品、鑑賞会もあたたかい雰囲気でした。


(参加者の声)

・自分だけの花を作れてうれしかったです。(小3男子)

・お父さんやお母さんに似せて作るのが楽しかったです。(小4女子)

 


11:41