2階展示室 原田直次郎展-西洋画は益々奨励すべし 

2016.2.11 [木・祝] - 3.27 [日]

原田直次郎展

 原田直次郎[1863(文久3)-1899(明治32)]は、江戸に生まれ、子どもの頃からフランス語を学ぶなど、西洋文化に触れて育ちました。やがて西洋絵画を学ぶため、高橋由一に師事し、1884(明治17)年にドイツのミュンヘンに留学します。

 ミュンヘンでは美術アカデミーで研鑽を積み、画家のガブリエル・フォン・マックスにも師事しました。また、ドイツで出会った森鷗外と生涯にわたる友情を結び、鷗外の小説「うたかたの記」のモデルにもなっています。

 1887(明治20)年に帰国すると、日本では伝統的な美術を保護し、西洋絵画を排斥する動きが高まっていました。原田は「西洋画は益々奨励すべし」と奮闘し、東京・本郷の自宅に画塾「鍾美館」を開いて指導するとともに、展覧会への出品を通して、西洋絵画の普及に努めます。わずか36歳で夭折したため、画家としての活動期間は短いものでしたが、ミュンヘンで描いた《靴屋の親爺》の圧倒的な描写力は、原田が西洋絵画の本質にいかに迫りえたのかを物語っています。

 この展覧会では、原田直次郎の初期から晩年にいたる作品や資料とともに、師弟関係や親交のあった画家の作品も交えて、その軌跡をたどります。原田直次郎の回顧展としては、森鷗外が1909(明治42)年に開催した遺作展以来、およそ100年ぶりとなります。

会期

2016年2月11日(木・祝)~3月27日(日)
※会期中に一部展示替えがあります。

休館日

月曜日(3月21日は開館)

開館時間

10:00 ~ 17:30(入場は17:00まで)

観覧料

一般1100円(880円)、大高生880円(710円)
※( )内は団体20名以上の料金。
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方(付き添いの方1名を含む)は無料です。
※併せてMOMASコレクション(1階展示室)もご覧いただけます。

主催

埼玉県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

後援

東京ドイツ文化センター

協力

ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

助成

公益財団法人ポーラ美術振興財団、芸術文化振興基金、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

協力

日本航空、JR東日本大宮支社、FM NACK5

関連イベント

講演会「原田家の直次郎」

夭折した直次郎と兄・豊吉。長寿で直次郎の遺作展も見届けた父・一道。原田家の人々と直次郎の作品についてお話しします。
講師:鍵岡正謹(岡山県立美術館顧問)
日時:2月11日(木・祝)15:00〜16:30(開場は30分前)
場所:2階講堂
定員:100名(当日先着順)
費用:無料

原田直次郎よもやま話

原田直次郎について研究を続けている宮本久宣さんをお招きし、当館担当学芸員とふたりで、作品や作家、展覧会について、あれやこれやと会場でお話しします。
ゲスト:宮本久宣(和歌山県立近代美術館学芸員)
日時:2月21日(日)15:00〜16:00
場所:2階展示室
費用:企画展観覧料が必要です。

原田直次郎をめぐる旅-ミュンヘン

展覧会の調査中にミュンヘンで撮影した写真を交えながら、担当学芸員が原田直次郎の留学時代についてお話しします。
日時:3月12日(土)15:00〜16:30(開場は30分前)
場所:2階講堂
定員:100名(当日先着順)
費用:無料

担当学芸員によるギャラリー・トーク

本展覧会の担当学芸員が展覧会の見どころをご紹介します。
日時:2月27日(土)、3月19日(土)各日とも15:00〜16:00
場所:2階展示室
費用:企画展観覧料が必要です。

ご希望のグループに本展覧会の見どころをご案内します(予約制)

お問い合わせ・ご予約は教育・広報担当(電話048-824-0110)まで。




展覧会紹介映像(YouTube)




原田直次郎とユリウス・エクステル
友情のポートレート(YouTube)

原田直次郎《靴屋の親爺》1886年/東京藝術大学所蔵

原田直次郎《靴屋の親爺》1886年 重要文化財 東京藝術大学所蔵

原田直次郎《風景》1886年 岡山県立美術館所蔵

原田直次郎《風景》1886年 岡山県立美術館所蔵

原田直次郎《島津久光像》1888年 尚古集成館所蔵

原田直次郎《島津久光像》1888年 尚古集成館所蔵

原田直次郎《髙橋由一像》1893年 東京藝術大学所蔵

原田直次郎《髙橋由一像》1893年 東京藝術大学所蔵

原田直次郎(原画)「於母影」挿絵 『国民之友』第58 号附録 1889年 島根県立石見美術館所蔵

原田直次郎(原画)「於母影」挿絵 『国民之友』第58 号附録 1889年 島根県立石見美術館所蔵

ガブリエル・フォン・マックス《猿のいる自画像》1910 年 マンハイム ライス・エンゲルホルン博物館所蔵 Reiss-Engelhorn-Museen Manheim, photo: Jean Christen

ガブリエル・フォン・マックス《猿のいる自画像》1910 年 マンハイム ライス・エンゲルホルン博物館所蔵 Reiss-Engelhorn-Museen Mannheim, photo: Jean Christen