アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」

これまでに実施した「MOMASのとびら」の様子を紹介しています。

 
MOMASのとびら これまでの報告
12345
2018/08/11new

「ビュートレス~美術館から見える景色をなぞる~」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 夏休み特別企画第2段!今日は美術館正面の曲面ガラスに絵を描くという大胆なプログラムでした★講師に、松田るみさんを招き、景色(view)をなぞる(trace)ことに挑戦しました。“なぞる”は簡単そうでいて、発見がいっぱい!「描いてたものが動いちゃった。」「頭が動くと線と景色がずれる!」「そのままなぞるって意外に難しい!」小さなお子様が多かった午前の部は、親子で自由に見えたものをなぞっていましたが、午後の部では“なぞる”の解釈を大人が広く考えて楽しんでいるようでした。「色も真似してみようかな」「風景の中に入ってみよう!」色の線が重なって、いつの間にか大きな曲面ガラスも絵でいっぱい。しかし、最後に自分の手で絵を消して、楽しい体験を持ち帰りました。ガラスに描けて、水で消えるクレヨン!初めての体験を楽しみました♪

美術館のガラスにえをかくところ

◆「何からなぞろうかな?」

 「ガラスに描いたことないよ。ドキドキする!」

植え込みの草をなぞっているところ

◆景色と線が重なります! 

 久しぶりにクレヨンにさわる人もいました。

ガラスの向こう側の家族をかいているところ

◆絵の中にお母さん登場!

外から見たところ

◆たくさん描けました!みんな何をなぞったのかな??

絵をけしているところ
◆元の景色に戻っていくね!「あ~たのしかった♪」


(参加者の声)

・たのしかった。おうちでもやりたい。(5才男子)

・いろいろなところからみて、物をなぞって、いろいろな発けんをしました。(小3女子)

・大きなガラスに絵を描く体験、大人もワクワク夢中になりました。(保護者)

  


19:02
2018/08/04

「カラダで発見!絵具の世界」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 サマー・アドベンチャー第1弾はたっぷりの絵具にふれて楽しむ体験プログラムを実施しました。講師に前沢知子さんを招き、小さなお子様と保護者13組が参加しました。創作室に入ると8m四方の布が床に敷かれていました。その上で「白い布が何に見えるかな?」「かき氷!雲!」と、お話をしたり、「動物の動きを真似してみよう!」と、カラダをほぐす体操をしました。それから青・赤・緑・黒…絵具をつけて、動物になりきって足跡をつけたり、お尻スタンプをしたり、想像力を働かせて絵具を広げていきました。最初は様子を見ていた子供たちも、途中から他の友達と交流し絵具の世界を楽しんでいました♪足や手の形がどんどん重なり、色も混じり合って偶然できた色や形をみて「ここ、きれい~~!」とつぶやきが聞こえました。カラダの絵具を落として服を着替え、最後にもう一度みんなで鑑賞すると「空から見おろした街、宇宙大爆発!、深海、花火、和紙、きれいなお洋服」という感想がありました。みんなのエネルギーがつまった素敵な作品ですね★ 814日から31日まで、1階ギャラリーで作品が展示されます。


体操しているところ

◆動物や昆虫になって地面をニョロニョロ!


制作中 

◆自ら絵具をカラダにつけております。


制作中 

◆会話はなくともたくさんの子が加わります。「暗黒宇宙をつくるぞ~!」

 ピンクも黄色も「まぜまぜまぜ~!!!」 

 

制作中 

◆「おや?」袋でポタポタ、スポンジフリフリ、妖精のように飛び回ると線が踊ります。


完成 

◆自分が描いたところはどこかな?


カーテンをかけたところ 

◆前沢さんがカーテンの作品にしてくれたよ♪

 ロダンの彫刻にも負けず、惹きたてています。

 

(参加者の声)

・あしはいつもだめだからやってたのしかった。(5才女子)

・手と足でペタペタするのがたのしかった。(4才男子)

・子供たちが全力で無邪気に楽しんでいる姿をみられてよかった。(保護者)

・もくもくと自分のペースでやっている姿を見てよかったです。

 絵の具が冷たく、色々なのがまざり神秘的な空間が出来たと思います。(保護者)
18:52
2018/07/21

工房「自分だけの“たからもの”をつくろう!」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日の工房は、埼玉大学の学生が考えたプログラムです!! 最初に、大学生達が持ってきた“たからもの”と、全員にアイマスクが配られました。「一体何だろう?」目隠ししたまま、手で重さやさわり心地を感じたり、鼻で匂いを嗅いだりして考えました。「ザラザラ」「石かな?でも、ふんわり軽い?」目隠しを取ると、それは『木』でできた“たからもの”でした。握りしめると何とも言えない心地よさがあります。今日は、木片をやすりで磨く制作です。とてもシンプルだけど、自分で選んだ『木』を磨いていくうちに、だんだん愛着のわく『たからもの』に変わっていきます。「ツルツルになって楽しい」「スーッとしてよい香りがお気に入り」など、素材をたくさん味わうプログラムでした。「皆さんの“たからもの”は何ですか?それはどんなさわり心地?どんな匂いですか?」

「たからもの」をさわっているところ

◆「いい木の匂いがする」「僕にもかがせて~」

 「どんなさわり心地?」「すべすべ」


やすりがけしているところ
◆順番にやすりがけ。

 黙々と進める手仕事、どんなことを感じているのでしょうか。

説明を聞いているところ

◆大学生が進行しています。…内心はどきどき緊張~ハンパない!


磨いた木をみせているところ
◆「みてみて!」愛着がわいてきましたね。

作品と手紙

◆今日は『宝物』について手紙にしたためて、大切に包み持ち帰りました。

 時々子供に混ざって挑戦して下さる大人の方の作品、年輪にグッときますね。


(参加者の声)

・木がきれいにつるつるになって楽しかった。(1年生女子)

・初めてのことが楽しかった。こんどは木を削って形をかえてみたい。(3年生男子)


 


12:57
2018/07/14

み~っけ!「キラキラ枢機卿に大変身!」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 み~っけ!は、初めて美術館に来るお子さまにもぴったりなプログラムです。今回は、地下1階にある彫刻、ジャコモ・マンズーの《枢機卿》を鑑賞しました。その後、スタッフ手作りのマントや帽子が配られ、小さな枢機卿に大変身!「真っ白なマントと帽子をおしゃれにしよう!」と、絵の具やチョークを使って、ぐるぐる、てんてん、好きなマークなどみんな思い思いに模様を描きました。親子で楽しく描いている途中、部屋の電気が消えてしまいます。次の瞬間、ブラックライトがついて模様が光り出し「わぁー!」と歓声が上がりました。「キラキラ!」「魔法みたい!」「もっと描きたい!」とみんなの気持ちも高まります。最後は、光る模様のマントと帽子を身に着けて、幻想的なファッションショーです!枢機卿になりきってたくさん遊びました。

 

枢機卿を鑑賞中 

◆枢機卿に変身して、みんなでお祈り。


マントに絵を描いている 

◆「お花のとなりにちょうちょを描こう。」

 「ぐるぐるでつなげたら町みたいになったよ。」


ブラックライトの中 

◆「お星さまが光ってきれい!」


ファッションショー 

◆みんなキラキラ、ピカピカな枢機卿です。

 

 

(参加者の声)

・えのぐをぬるのがたのしかった。ひかるのにびっくりした。(5才男子)

・小さい子供でも楽しく芸術とふれあうことのできる貴重な会だと思いました。(保護者)


11:47
2018/07/07

「アート★ビンゴ~夏~」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 本日のMOMASのとびらは「アート★ビンゴ」です。作品や美術館に関する9つのクイズに挑戦します!今回は、本物の木そっくりな彫刻の重村三雄《風景の外側》を見て、「この木にはどんな実がなるかな?」と想像したり、丸山直文《puddle in the woods 6》を見て、自分ならどんなタイトルをつけるか考えたりしました。椅子のコレクションの中には、人型のオリヴィエ・ムルグ《ブルム》という椅子があります。「もし顔があったらどんな顔をしていると思う?」というクイズでは、座った人を思いやる優しい人の顔や、ちょっかいを出そうと企んでいるいたずらっこの顔など、いろいろな顔を考えてくれました。アート★ビンゴの正解は一つではなく、参加者の皆さんの数だけ答えがあります。親子で、友達で、ご夫婦で、ぜひ楽しんでください!

作品を探しに行くところ

◆作品はどこにあるかな?
模様を考えているところ
◆石の側面を見ると、いろいろな模様があるよ。

 「オリジナルの模様も考えてみよう!」


人型の椅子のお顔を考えている
◆椅子のお顔を想像「どんな顔にしよう?


彫刻を鑑賞しているところ
◆この彫刻はどんなことを言っていると思う?

 「今日は暑いなぁ。」「他の部屋にも行ってみたいな~。」


ビンゴシートをみてスタッフとお話し
◆「どんな発見があったかな?」親子で回ると楽しいね♪


13:43
2018/06/30

親子クルーズ「1枚の板から椅子が出来た!」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

当館は、唇の形の椅子《マリリン》をはじめ、面白い形の椅子のコレクションがあり、みなさんに座って楽しんでいただいています。今日は展示されていない《セッラ》《Bin.Chair》を特別に鑑賞しました。「ぐらぐらしそう、どう使うのかな?」「穴がたくさん開いてるな」形から使い方や秘密を想像します。そして、鑑賞後は《Bin.Chair》をもとに、1枚の四角い板(デコパネ)をパズルのように切ったり、組み立てたりして椅子を作りました。目標は1枚の板を無駄なく全部使うことです。発泡スチロールカッターやホットボンドなど普段使わない道具を使って試行錯誤していると、世界に2つとない不思議な形の素敵な椅子が完成しました。「これは滑り台になっているよ!」「この椅子は歩くんだよ」「波の上で寝そべるイメージ椅子」などとっても楽しいアイディアに驚きました☆


椅子を鑑賞しているところ
◆マルがいくつあるかな??

 「2つ? あ、そこにもある!」

制作中の様子

◆親子で色とパーツの交換はOK!

 相談しながら協力してつくっています。

鑑賞の様子

◆どうやってくっつけようかな?親子で夢中です。

作品

◆この椅子に座ると‘しあわせ’になれそう~♪誰と座る?



◆ウサギの椅子とピアノの椅子

鑑賞

◆みんなすごい!友達の作品みるのも楽しいね~☆

(参加者の声)

・きったりはったり楽しかった。パーツをぜんぶつけられてよかったです。(1年生男子)

1つのいたでいろいろないすができあがったのはびっくりしました。(2年生女子)

・子供たちの自由な発想にビックリしました。危なそうな道具も使いこなしている姿にも驚きました。(保護者)

・大人にとっては色々な事を考えすぎて最初は難しかったけど、子供と一緒に相談しながら作品を作れたのはとてもいい経験でした。(保護者)


 

 

 


14:23
2018/06/16

みる+つくる「うす暗い闇の中で感じた世界」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 MOMASコレクションに展示中の、清水晃《漆黒から》を鑑賞しました。よく見ると釣針、はさみ、電球、チェーンなど、たくさんの素材が集まってできています。題名の通り「なぜ黒く塗ったのか」作家の故郷である富山の海岸の様子を想像し、黒い作品ができた理由を考えました。海のイメージは「水色ではなく黒いんじゃないかな」「砂や風もびょーっと吹いて近づくのが怖いくらい」、作家はそんな海を眺めてどんなことを感じていたのでしょう。作品の黒さが「カッコいい!」から「怖い」「痛そう」と変わって見えてきました。展示室から創作室に移動すると、今日は薄暗い部屋に変わり、木枯らしや雷の音が轟いていました。「もし、すごく寒い日で、こんな明るさで食事していたら」など想像を広げました。たくさん体験した後は、真っ黒に塗られた材料を使ってオブジェづくり。鑑賞した作品のように縦横に伸びていたり、四方八方にとげとげしていたり、釣り下がっていたり…みんな独創的、熱中していました★

 

展示室で鑑賞しているところ 

◆たくさん魚がかかりそうな釣針がついてる!


創作室で暗がりを体験している 

◆「こわい?」「食事はこぼしそう。」

 「でも、みんなでいると楽しいかも!」

 

制作の様子
◆吊り下げているのは何かな~


 

◆清水さんのように縦長なイメージでタワーになりました。


作品鑑賞の様子 

◆インスピレーションで作った清水さん風の大作!

「飛行機みたい」「宇宙ステーションみたい!」


 

◆スポットライトで黒い作品がきらり★素敵だね。

 

(参加者の声)

・しみずあきらさんのさくひんすごかったです(1年生女子)

・くろいさくひんなのでよるみたいでした。(1年生男子)


16:15
2018/06/09

み~っけ!「びしょびしょアート」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

今日の『み~っけ!』は、暑さを吹き飛ばすプログラムです!最初に、展示室で、丸山直文《puddle in the woods 6》とても爽やかな作品を見ました。「大きな絵に何が描いてあるのかな~?」「金魚、ヨット、帽子、恐竜の足と頭…」など、色々なモノが見つかりました!この絵は、森の中の水たまりをイメージして描いたり、水でつくる“にじみ”を活かしたりして制作をしています。今日のテーマは『水』。まずは、ビニール袋に入った水の中を覗いてみるとキラキラしてとってもキレイ★その感動を透明なシートに描きます「マジックですらすら描けて楽しい!」。続いて、白い紙に白いクレヨンで絵を描きます。「え?見えないよ~」2枚の絵が一体どうなるのでしょう…。最後の仕上げはベランダに移動。ここで何と白い絵にお水や色水をかけます!! 霧吹きや水鉄砲を使って全体を濡らすと2枚の絵が重なってとっても幻想的な作品になりました。「友達の絵も素敵だね♪」暑さも忘れ、うっとり見とれてしまいました★


展示室で 

◆じっくりみて親子でお話「みつけた!」


水 

◆お水の中の世界を体験


マジックで絵を描いているところ 

◆片手だけでは足りず…。豪快に!


絵を描いているところ 

◆荒波に水しぶきかな~?


水をかけているところ 

◆水鉄砲は大人気☆


色水をかけているところ 

◆まなざしはアーティスト!

描いた作品を見ているところ 

◆淡い色、カラフルな線、白い線のコラボレーション。

 

(参加者の声)

・ぜんぶたのしかった、もっとやりたかった。(4才男子)

・えをかくのがたのしかった。さいごにおみずをしゅっしゅするのがたのしかった。(5才女子)

・大きなシートや紙に思いっきり描くことができて楽しかったです。最後に色水をかけることで変化して

いく様子が興味深かったです。(保護者)

・この町に住んで45年…初めて地下と3階に入りました。こんな素敵な場所だと知りませんでした!!活動も子どもにちょうどよく、美術館という格式ばった場所への入門にぴったりでした。(保護者)
18:28
2018/05/26

工房『なりきりシャガール~思いを込めて花束を~』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日の工房では、埼玉大学の学生と一緒にMOMASコレクションで展示中のマルク・シャガール《二つの花束》を鑑賞しました。じっと作品をみていると、いろいろなものが見つかります。その中でも特に花束に注目して、色や形から感じられることをみんなで話し合いました。実はこの花束は、シャガールが奥さんと娘さんを花にたとえて描いたものです。鑑賞後、参加者も大切な人を思い浮かべ、グループで「その人のどんなところが好き?」「その人の好きな色は…」など話しました。そして、シャガールのように、自分の大切な人を花束に表現しました。「やさしい感じはお花紙や綿で作ろう」「明るい感じはポンポンにしようかな」「毛糸でリボンをつけておしゃれにしよう」などイメージを形にしていきます。幸せそうな顔の花束が並び、大切な人にも見せてあげたい作品ができました。

《二つの花束》を鑑賞しています

◆「この花束をみてどんな気持ちになるかな?」
 「あたたかい感じがするなぁ。」

花束に表現しています

◆「色はどうしようかな。楽しそうな感じにしたいな。」
 「花瓶にさすと家族みんな一緒の感じがするね!」

大切な人をイメージした色や形
◆家族をイメージして作った花束。
 みんな表情がすてきですね。


すてきな作品ができました
◆材料の色や組み合わせ方もよく考えて作りました。

鑑賞会で思いを伝えています

◆最後は、鑑賞会です。
 相手への思いのこもった作品、鑑賞会もあたたかい雰囲気でした。


(参加者の声)

・自分だけの花を作れてうれしかったです。(小3男子)

・お父さんやお母さんに似せて作るのが楽しかったです。(小4女子)

 


11:41
2018/05/19

「あらって見よう!彫刻作品」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日は、親子で彫刻を洗って楽しむプログラム「彫刻あらいぐま」です。普段は作品に触れませんが、優しく洗いながら近くでじっくりみると「こんなに汚れているんだ!前より色が変わってる!」「あの作品揺れるんだ~」など様々な発見がありました。彫刻を洗うボランティアの皆さんに、素材の話を聞いて触り心地を確かめたり、硬さの違いを発見したり、ピカピカになった彫刻が「嬉しそう!」と感じたり、目で見て鑑賞するのとは一味違う鑑賞体験になりました。洗う前に「どうして彫刻を洗うのかな~」とみんなで考えました。洗ってみると「彫刻をもっと大切にしたいな~また洗いたい!」と愛着がわく人がたくさんいました。洗う目的は、“綺麗な状態を長持ちさせること”ではありますが、そうしたみんなの気持ちが美術館スタッフにとっても一番嬉しいです☆みんなで末永く大切にしましょうね。


彫刻をあらっている 

◆優しくスポンジで洗います。

彫刻をあらっている 

◆デッキブラシも使って、みんな一生懸命☆

彫刻をあらっている 

◆高いところは高圧洗浄機!

彫刻をあらっている 

◆この彫刻好き! 2度目の参加のお友達もいます。


(参加者の声)

・ちょうこくをあらえて、自分の心もきもちよくなりました。(小3男子)

・とても楽しかったです。シャワーをかけるのをまたやりたい。(小1女子)

・普段さっと通りすぎてしまうものをじっくりみて、さわれて楽しかったです。(保護者)

・前回もボテロさんを洗い、今回も洗い親しみがわいてきました。変色がみられ長持ちすると

 いいなあと思いました。(保護者)


14:02
12345