アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」

これまでに実施した「MOMASのとびら」の様子を紹介しています。

 
MOMASのとびら これまでの報告
12345
2018/02/10

みる+つくるSMF 「からだであらわす あの気持ち この気持ち」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日は特別講師に、ダンサーの愛智伸江さんと岡崎弓佳さんを招き、からだを使ったプログラムを1日開催しました。始めに、スーパーボールが体の中を転がっていることをイメージしたり、ティッシュが落ちないように下から息を吹きかけたり、全身を使って普段とは違う色々な動きを体験しました。次に2チームに分かれて、それぞれ別の“感情”を表現し、最後に互いのチームの発表を鑑賞しました。動くときは、2人が棒でつながって動きます。後ろの人が前の人を操り、相手が動きやすいように、自分の気持ちが伝わるように、共演者や見る人に「伝える」という事をたくさん意識しました。鑑賞後、感想を伝え合いました。絵や彫刻以外にも思いを表現する方法はたくさんありますね。今日は動きというアート、動きで表現するダンサーから楽しく学びました。

 

 

紙を使って、からだを動かしているところ
◆紙を落とさないように、友達と息を合わせよう!

チームで意見を出し合っているところ
◆言葉のイメージを膨らませます「嫌なことを言われたときに怒るよ」「嬉しいときにも泣くよね」

講師の先生と一緒に考えているところ
◆はじめて動きで表現しました。手をどう動かせば伝わるかな?

発表会の様子
◆みんなの前で発表!「どんな言葉を表現していると思う?」

講師の先生が表現しているところ
◆講師の2人の動きに魅了されていました。

鑑賞後の感想で桜の木をデザインしたもの
◆「腕の動きが怒っているみたい」「膝を曲げて泣いているみたい」動きで言葉が伝わったかな?

 

<参加者の声>

・大きく体を使っていろいろな遊びができて、とても楽しかったです。(小2)

・形として残る作品を今まで作ってきたが、今回のような永遠に残らない作品も、時間を費やして作る価値があると思った。(小6)

 


18:28
2018/01/27

親子クルーズ 企画展物語「1つの版から無限の世界!」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 始めに「版画の景色~現代版画センターの軌跡~」の靉嘔《I love you》を鑑賞しました。「人は何人いるかな?何色が使われているかな?」みんなで話をしている中で、同じ版で色や位置を変えて7種類の作品ができていることに気づきました。今日はみんなも、いろいろな工夫をしながら版を作ったり、刷ったりしてみましょう!まずは、親子でスチレンボードに「住みたいお家」の凹版を作ります。次に、いろいろな形に切り分けたスチレンボードを使って、家の周りの様子をイメージした凸版を作ります。最後に、それぞれの版を1枚の紙に刷ることで完成!更に、版の位置をずらしたり、向きを変えたり、色を変えたり、色を重ねたり、凸版と凹版を組み合わせたり…、みんなどんどん工夫を重ねていきます。「同じ版からいろいろな作品ができておもしろい!」お互いの作品を鑑賞し合い、版画の楽しさを味わうことができました。

 

 

《I love you》を鑑賞しているところ
◆同じ版でいろいろな作品ができるんだね!

親子で版を制作しているところ
◆子供が考えて下描きをした「住みたいお家」を保護者の方が彫ります。

親子で版を制作しているところ
◆お家のまわりはどんなイメージにしようかな?

親子で版にインクをつけているところ
◆黄色でやってみよう!きっと明るくなるんじゃないかな!

作品を刷っているところ
◆バレンでゴシゴシ!うまく刷れるといいな~!

鑑賞しているところ
◆とても素敵な作品がズラリと並びました!

同じ版でできた作品
◆色や向きが変えて、理想の世界を表現しました。

 

 

<参加者のこえ>

・素敵な未来が描けてよかったです。版画のことがよくわかりました。(小2女子)

・単純な色と形の組み合わせの版画で創造性の豊かな体験ができました。(保護者)

 


10:47
2018/01/20

どこへ行く~イスと旅する365日~

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日の『工房』は、<ツル><レッド&ブルー><タン>の3脚のイスを取り上げました。「このイスと一緒にどこへ出かける?」と想像を膨らますプログラムを、埼玉大学の学生が考えてくれました。鑑賞では、タンが「滑り台、チョウチョ、トランポリンに見える!」という参加者に、常連の参加者が「これはベロなんだよ!」と教えている場面もありました。ざらざら・ふわふわなど“触り心地”や、“誰にぴったり?”、“座って何をする?”と対話が盛り上がりました。制作の時間には、色々な景色の写真を眺め、自分とお気に入りのイスで“どこを旅したいか”考えました。「雲の上、自然の森の中、外国の街…」イスに座ってこんな景色を見れたらいいなとイメージの旅を楽しみました。

鑑賞の様子
3脚とも個性的。「どのイスが好き?」

≪ツル≫鑑賞の様子
◆「このイス 紙飛行機みたい」


制作の様子
◆海にしようかな~山にしようかな。

制作の様子
◆制作の様子


作品
◆大きなひまわりの葉っぱの上にみどりのイス


作品を見せているところ
◆外国のおしゃれな街を旅しているレッド&ブルー

<参加者の声>

・同じいすでも人それぞれちがうところにもっていくのがおもしろいと思った!(小2・女子)

・今日はいすをいろんなところから見るのが楽しかった。しゃしんをえらぶのが楽しかった(小1・男子)


 


12:35
2018/01/13

アート★ビンゴ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 2018年最初のMOMASのとびらは「アート★ビンゴ」です。館内や公園にある作品などに関わる問題に答えます。北浦和公園にある橋本真之《果実の中の木もれ陽》が何の形に見えるかを考えたり、「MOMASコレクション」ポスターにある作品の中に人は何人いるかを数えてみたり、シャルル・デスピオ《ビアンキーニ嬢》と見つめ合って会話をしたりして楽しみました。最後にスタッフと答え合わせ。お話をしながら、どんどん想像を膨らませることができました。とても寒い日ではありましたが、たくさんの方に参加していただけました。これからも、ぜひ親子や友達と一緒に美術館へ遊びに来てください!

 

受付をしているところ
◆アート★ビンゴに出発!9つの問題に挑戦しよう!

《果実の中の木もれ陽》を鑑賞しているところ
◆「クジラやイルカみたいだな~」「アリの巣にも見えるよ!」

MOMASコレクションのポスターを見ているところ
◆「この作品に描かれているのは人なのかな…?」

《ビアンキーニ嬢》を鑑賞しているところ
◆子供「首を曲げて体操しているの?」ビアンキーニ嬢「そう!気持ちいいよ!」

答えあわせをしているところ
◆子供の発想力にスタッフもびっくり!「その考えはとても面白いね!」

 

 


16:42
2017/12/23

わくわく鑑賞ツアー

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今年最後の「MOMASのとびら」は、館内の作品をスタッフとお話をしながら楽しむ「わくわく鑑賞ツアー」です。展示室ではモーリス・ドニ《トレストリニェルの岩場》を観ました。参加者からは「海岸で楽しそうに遊んでいるね!なんで裸なんだろう?」などの感想がありました。1階吹き抜け周りにあるオーギュスト・ロダン《ウスタッシュ・ド・サンピエールの頭像》では、「この人はどんな人なんだろう?偉い人かな?」など、表情を真似しながら人物像を想像していました。3階では4脚のグッドデザインの椅子を鑑賞。ベストデザインの椅子グランプリを獲得した《マリリン》の他、とても大きな《XL(プランクトン1.8)》やシンプルでかわいい《タン》、ゆらゆら揺れる《ロッキング・チェア》に実際に座って、楽しくお気に入りを見つけていました。来年も「MOMASのとびら」に是非ご参加ください!!

 

モーリス・ドニ《トレストリニェルの岩場》を鑑賞しているところ
◆「この作品には何が描かれているのかな?」

オーギュスト・ロダン《ウスタッシュ・ド・サンピエール》を鑑賞しているところ
◆「立派なひげだな~。何をしている人だろう?」

グッドデザインの椅子に座っているところ
◆「私はこの椅子がお気に入り!!」

スタンプカードを手渡しているところ
◆たくさんスタンプ集めてね!

 

 


16:24
2017/12/16

工房「なりきり瑛九!シュシュシュッあーちすと」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日の工房は、いつもMOMASのとびらのスタッフをしている埼玉大学教育学部の学生が内容を考え、進行をしてくれました。まずは、瑛九の作品《手》の鑑賞からスタート。「どんな色や形があるかな。明るいかな。暗いかな。」《手》は、いろいろな型紙を使って吹き付けの技法で制作した作品です。カラースプレーを使って実演すると、子供たちは「やりた~い!」と大興奮。早速、制作に取り組みました。型紙を変えたりずらしたりして着色していくと色も形もどんどん変化していきます。「裏と表で全然違う!」「クリスマスみたいになってきた!」など、偶然の造形を発見することからイメージがわいていきます。できたアクリル板を重ねて、作品の変化を更に楽しんで完成。最後にスポットライトの前に素敵な作品を並べて鑑賞会をしました。「4色のスプレーからたくさんの色ができた!」「偶然できた色や形だったけど、すごいきれいでびっくりした!」みんな瑛九に負けないくらいの『あーちすと』になれましたね!

 

《手》を鑑賞しているところ
◆どんな形がありますか?「丸!四角!手もあるよ!」

型紙を選んでいるところ
◆どの型紙を使おうかな!

スプレーで着色しているところ
◆スプレーで色を塗ろう!

制作しているところ
◆アクリル板を重ねると、色も重なってきれいだね!

作品についてお話しているところ
◆「見て!見て!向こう側が透けて見えるよ!」

鑑賞会の様子
◆光を通すと、さらに素敵な作品になるね!

 

<参加者の声>

・たくさんの色を重ねて、きれいな色ができたから、おもしろいなと思いました(小2・女子)

・思ったものとは違った色・形ができ、いろいろ工夫ができて楽しかったです。(大人)

 

 


11:10
2017/12/09

アート★ビンゴ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日のMOMASのとびらは「アート★ビンゴ」。館内の作品や美術館に関わるクイズに答えます。北浦和公園内にある石のベンチ《風のかたち》の形が何にみえるかを考えたり、美術館の建物に何がドッキングしたら面白いかを想像して描いたり、舟越保武《ダミアン神父》と向き合ってどんな会話をするかを考えたり、1階エントランスで実施中のポスター展の中から好きなデザインを見つけたりして楽しみました。最後にスタッフとお話をして、さらに想像を膨らませることができました。どなたでも参加できるプログラムです。ぜひ親子や友達と一緒に遊びに来てください!

 

 

石のベンチを鑑賞しているところ
◆ヘビみたいでかっこいい!!

美術館の建物を見ているところ
◆「建物から大きなお菓子が生えてると面白そう!」

《ダミアン神父》を鑑賞しているところ
◆子供「今日も寒いですね!」神父「風邪ひかないようにね!」

ポスター展を見ているところ
◆今までの企画展ポスターを展示中!「このポスターは色がきれいだね!」

答えあわせをしているところ
◆どうしてそう思ったの?「それはね、ここが○○だからだよ!」

 


17:42
2017/12/02

「みんなで大きな壁画を作ろう!」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 企画展『ディエゴ・リベラの時代』の最終日が近づいてきました。今日は、リベラが画家として成功し注目を浴びた【壁画】を鑑賞後、協力して壁画制作をしました。絵を描いて社会に貢献したいと思っていたリベラは、大臣からの依頼を受けメキシコ国内を取材して公共の場へ壁画をたくさん残します。今日の参加者もチームで相談してテーマを決めてクラフト紙に絵描きました。また、《アラメダ公園での日曜日の午後の夢》という作品は、横15メートルあり、たくさんの人物が描かれています。大きな壁に自分の姿を投影して、ペアでなぞり合い、参加者全員が登場する壁画も完成!「どこに顔出す?どんなポーズにしようかな?動かないって大変!」初めて会った友達とも協力できて、時間内で2つの壁画を完成させました。☆お見事です☆


鑑賞の様子 

◆「ディエゴ・リベラはどの人でしょう?」


農家の絵を描いている 

◆「農家」がテーマ、水をまいて野菜をいっぱい育てます


制作の様子 

◆このチームは「ダンスしてる人たち」がテーマ


制作の様子 

◆「動かないで~!!」友達の顔なぞっています

鑑賞会の様子

◆「悪者は何をしたの?」「国の人を苦しめたんだよ!」

作品

◆大きな《土曜の午後の夢》

 

<参加者の声>

・きょう力してすばらしいのが作れてよかったです。(2年女子)

・大きな絵をはじめてかけたのでうれしかったです。(1年男子)


20:45
2017/11/25

『洗濯ばさみで絵を描こう!』『風を描こう!』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 今日はどなたでも参加できるフリープログラム。地下1階センターホールでは、いつも大人気の『洗濯ばさみで絵を描こう!』を実施しました。カラフルな洗濯ばさみをつなげたり、並べたり、敷き詰めたり、今日も素敵な作品がたくさんできました。外では『風を描こう!』を実施し、公園で遊んでいた子供たちがたくさん参加してくれました。木にぶら下がっている葉っぱの揺れや、子供の髪がなびいている様子など、あらゆるところで風を感じながら、透明のアクリルボードに描きました。「子供の発想は素晴らしいですね!」とご覧いただいた方々から称賛の声があがりました。これからも「MOMASのとびら」に是非ご参加ください!

 

「洗濯ばさみで絵を描こう!」に取り組んでいるところ

◆みなさん洗濯ばさみに夢中です!

洗濯ばさみでつくった作品
◆「家で飼っている鳥さんを描いたよ!」

上から作品を見たところ
◆上から見ると、本当にきれいだね!

「風を描こう!」に取り組んでいるところ
◆公園内の子供たちがたくさん集まりました!

「風を描こう!」に取り組んでいるところ
◆葉っぱの揺れから風を感じよう!

「風を描こう!」に取り組んでいるところ
◆向かい合って描くのも楽しいね!

 


09:22
2017/11/18

MOMASコレクション 親子クルーズ「風のかたち~野面石 石積みのベンチ~」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 北浦和公園内に設置された石積みベンチ「風のかたち」を作った日本庭園協会埼玉県支部の職人さんを講師に招き、親子で『石のアーチ』づくりに挑戦しました。このアーチ形は石を積むだけで出来ています。「どうやって作るのかな?」みんなで考えます。重い石を親子で運んだり、石の大きさや形を考えてパズルのように積み上げたり、土のうでアーチの土台を作ったりなど、知恵を出し合い、グループで力を合わせて取り組みました。職人さんに的確なアドバイスをもらい、5つ全ての『石のアーチ』が完成!どれも素敵な形です。ライトアップするとさらにカッコイイ★職人さんてすごいな~と憧れる子もいて、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

石積みのベンチを鑑賞しているところ
◆石積みのベンチを鑑賞!硬い石でできているやわらかい曲線を楽しみます。

みんなで考えているところ
◆どうして下が空いてるのに崩れないんだろう!?

親子で制作しているところ
◆「どうやったら『石のアーチ』ができるのかな?」

職人さんにチェックしてもらっているところ
◆「これならできそうだね!」職人さんからも太鼓判!

土のうを取ってもらっているところ
◆土のうを取っても崩れないかな…。「できた~~~!!!」

できた作品の様子
◆美しいアーチができました!

全員で記念撮影しているところ
◆最後にみんなで記念撮影!

<参加者の声>

・少し緊張したけど、できてよかった!職人さんありがとう!(小1女子)

・大人も子供も頭と体を使って一生懸命取り組んだので、できた時はとても嬉しく、達成感がありました。(保護者)

 


 


10:28
12345